稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

世界遺産日光東照宮と輪王寺・二荒山めぐりの旅!!

旅行

世界遺産日光東照宮と輪王寺・二荒山めぐりの旅!!
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

日光の社寺といえば!東照宮陽明門!!

日光には美しい自然と歴史的な史跡が数多く残る日本でも名だたる観光名所です。
世界遺産「日光の社寺」といえば日光東照宮をはじめ日光山輪王寺・日光二荒山神社などがあります。中でも日光東照宮は世界的にも知られています。

日光東照宮は徳川家康がまつられた神社で2代将軍秀忠が立てたものですが、その後3代将軍家光が「寛永の大造営」を行い、その時にかの有名な飛騨の名匠左甚五郎が彫刻を担っています。東照宮の敷地内には、本殿や陽明門・五重塔と陽明門の眠り猫や見ざる、聞かざる、言わざる、など含めて55棟の国指定の国宝と重文があります。

日光の歴史は江戸よりずっと古く782年に勝道上人が男体山へ登頂を果たした時から始まっています。その後に日光山輪王寺や二荒山を中心に修練の場として繁栄していったのです。

東照宮のバス停を降りると苔むした杉の大木の間から塔や社殿が望め荘厳な気持ちになります。この東照宮・輪王寺・二荒山神社の山内が世界遺産の中心です。

日光陽明門

日光東照宮の建築様式は、神社建築と寺院火炎地区が混在している珍しい様式です。
これらの建物は3代将軍家光の時にと維持の名工や絵師によって大造営された宗教建築物です。装飾の素晴らしさが何かと話題の日光東照宮ですが歴史の重みを噛み締めながら素晴らしいところです。


見ざる、 言わざる、聞かざるの三猿!!

見ざる 言わざる 聞かざる

有名な「見ざる、 言わざる、聞かざる」で神厩舎掘られている三猿です。
神厩舎には16匹の猿が彫られていてそれぞれに子育て、恋愛、結婚といった人間の一生に起こり得る人生を描かれている。


家康公を守る?日光東照宮の眠り猫!!

日光東照宮の眠り猫

日光東照宮の眠り猫は時の名匠左甚五郎の作と伝えられています。牡丹の花に囲まれて日光を浴びているので日光に因んでとも言われています。この奥が家康の眠る墓所奥宮になります。


日光東照宮の透塀!!

日光東照宮の透塀

日光東照宮の透塀は花狭間格子という花模様の透かし彫りが入れられた格子を嵌め込んで向こう側を見通すことができるようにした塀で本殿や拝殿を囲んでいます。


徳川家康公が眠る御墓所!「奥宮」!!

徳川家康公墓所奥宮

眠り猫が彫刻されている横の急な石段を上っていった奥先にある宝塔で、家康公が眠る墓の上に建てられている奥宮です。


日光山輪王寺は東日本随一の木造本殿!!


日光輪王寺

輪王寺は766年に勝道上人が創建したもので、当時は輪王寺をはじめとして周辺の社寺を総合して日光山 輪王寺と総していましたが、明治時代に実施された神仏分離令により今の姿になったものです。

徳川家光の霊廟である輪王寺の大猷院霊廟!!

徳川家光の霊廟である輪王寺大猷院霊廟

輪王寺にある大猷院は三代将軍・家光公の霊廟で、家光公の家康公を凌いではならないという遺言に基づき黒と金を主体にした権現造りの本殿になっていますが、狩野探幽やの描いた唐獅子や天井には100枚を超す龍の絵と豪華絢爛さに驚かされます。


二荒山神社は縁結びの神様!!

男体山への登頂口に当たる中善寺湖のほとりの一角に二荒山の中宮があります。二荒山神社は782年に勝道上人が男体山登頂後に創建した神社で男体山(二荒山)を御神体山として奉祀したとされています。江戸時代に東照宮が祀られるまで、日光信仰の中心でしす。日光の語源はこの二荒を音読すると「にこう」と読めることから来たと言われています。二荒山神社の主祭神は大己貴命で、縁結びの神様の大国主命です。境内には恋が成就するといわれる縁結びの笹があります。登山を兼ねてお参りできるところです。

日光二荒山神社

古くより、標高2486mの男体山(二荒山)を御神体山と仰ぐ神社で男体山の山頂に奥宮があり中禅寺湖畔の男体山登山口に中宮祠、そして日光市の山内に本社があります。

日光二荒山神社本殿

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ